この宇宙には数えきれない程の銀河が存在します。広い宇宙と言っても銀河は時にすれ違い、そして衝突や合体を行うことで形を変え成長しています。銀河の衝突は決して珍しいものではありません。我々の天の川銀河もまた、同じ局部銀河群に属しているアンドロメダ銀河と40億年以内に衝突合体すると言われています。

この画像は、おおいぬ座の方向約1億1000万光年先の「IC 2163(右)」と「NGC 2207(左)」を捉えたもの。この2つの銀河は数千万年前に衝突が始まったとされ、銀河の衝突合体において初期状態に該当します。現在の「2つの目と瞼」の様な形状では、それぞれの銀河核や渦巻腕がはっきりと区別することが可能です。
しかし、この「2つの目と瞼」の様な形状も、数千万年かけて徐々に異なる形へと変化していきます。
数千万年前の出会いと数千万年以上かけた融合。人類の時間から考えると途方もなく長い時間ですが、宇宙の規模に当てはめると、ほんの一瞬の出来事なのかもしれません。

また、この画像は1999年11月に公開されたもので、ハッブル宇宙望遠鏡の広域惑星カメラ「WFPC2」の紫外線・可視光・赤外線の波長を用いて撮影されています。NASAでは他にもチャンドラX線天文衛星スピッツァー宇宙望遠鏡によって捉えた画像も公開されており、波長別に見る銀河の姿は、全く異なる印象であることが分かります。

 

Image Credit:NASA/ESA and The Hubble Heritage Team (STScI)
■A grazing encounter between two spiral galaxies

A grazing encounter between two spiral galaxies
A grazing encounter between two spiral galaxies
Hyperwall: Colliding Galaxies (NGC 2207)
NGC 2207 is a pair of colliding spiral galaxies. Their bright central nuclei resemble a striking set of eyes. In visible light (Hubble), trails of stars and gas trace out spiral arms, stretched by the tidal pull between the galaxies. When seen in infrared light (IR; Spitzer), the glow of warm dust appears. This dust is the raw material for the creation of new stars and planets. Complementary to the IR, the X-ray (Chandra) view reveals areas of active star formation and the birth of super star clusters. Though individual stars are too far apart to collide, the materialbetween the stars merges to create high-density pockets of gas. These regions gravitationally collapse to trigger a firestorm of starbirth. The galaxy collision will go on for several millions of years, leaving the galaxies completely altered in terms of their shapes.
ページ上部へ戻る