この画像は、ハッブル宇宙望遠鏡の広視野カメラ「WFC3」掃天観測用高性能カメラ「ACS」で捉えた「NGC 3256」の姿です。

NGC 3256」は、かつて2つの銀河が衝突合体したため、この様な歪んだ形を作りあげました。この銀河は、衝突による潮汐力で変形した特殊な渦巻腕、非常に明るいHII領域、中心部分を包むダストレーンを持っています。
衝突銀河に見られる爆発的星形成(スターバースト)が「NGC 3256」でも見られており、渦巻腕には高密度の星団が存在が確認されています。中心部分は、スターバーストが起因の恒星風によって、2つある銀河核の片方がダストレーンに隠されているのも特徴的ですね。

また、スターバーストは同時に短いサイクルで超新星爆発も引き起こし、その残骸もまた星形成を促す材料となります。その様な爆発的な星の誕生短命で死にゆく星の繰り返しに見られる星の生き様死に様の良い見本として「NGC 3256」は研究されています。
なお「NGC 3256」は地球から1億光年の距離にあり、うみへび座・ケンタウルス座超銀河団に属しています。

 

Image Credit:ESA/Hubble, NASA
■Peculiar galaxy NGC 3256
https://www.spacetelescope.org/images/heic1811a/

 オススメ関連記事