小型実証衛星1号機「RAPIS-1」電源・通信の確認完了。初期運用フェーズへ

JAXAは、1月18日に打ち上げが行われたイプシロンロケット4号機に搭載された小型実証衛星1号機RAPIS-1」のクリティカルフェーズを終了したことを発表しました。

クリティカルフェーズとは、ロケットから分離後に電源系や通信系の動作運用チェックを行う期間。「RAPIS-1」は、太陽電池の動作や地上との通信が正常であることが確認され、これから約1ヶ月かけて搭載されている機器のチェックを行うなどの初期運用フェーズに入ると報じています。

また、同じく搭載されていた超小型衛星「MicroDragon」「RISESAT」「ALE-1」、キューブサット「OrigamiSat-1」「Aoba VELOX-IV」「NEXUS」の6機も全て正常に分離したことが確認されています。

 

Image Credit:JAXA / アクセルスペース
■小型実証衛星1号機(RAPIS-1)のクリティカルフェーズの終了について
http://www.jaxa.jp/press/2019/01/20190119_rapis-1_j.html

関連記事

ページ上部へ戻る