「めぐりあいJAXA2019」開催。人工衛星「だいち」の画像データによるサイレント映画も上映

調布市文化・コミュニティ振興財団はJAXA協力のもと、「そら」に関する映像作品とレクチャートークのイベント「めぐりあいJAXA2019」を開催します。

めぐりあいJAXA2019」は、アート映像作品に見られる「そら」への想いと、サイエンスが記録する「そら」からのメッセージを交錯。上へ下に、視線の小さな旅を映像作品上映とレクチャートーク、人工衛星画像から作成した大迫力の無声映画をお届けします。
また、観望パートでは人工衛星「だいち1号」が捉えた日本の地表や雲など、JAXAのアーカイブに眠る巨大な静止画を動画化し、完全無音のサイレント映画が上映されます。

日時は2019年1月19日(土)で、15:00〜17:30まで。会場は「調布市文化会館たづくり むらさきホール」にて、定員は150名。入場料は無料となっています。

イベントの詳細は、イベントの公式ホームページを参照してください。

 

Image Credit:公益財団法人調布市文化・コミュニティ振興財団

宇宙天文ピックアップ

ページ上部へ戻る