プログレス補給船が宇宙ステーションへとスピーディーに打ち上げ実施

ロシアのプログレス補給船(プログレス73)が7月31日、バイコヌール宇宙基地から打ち上げられ、国際宇宙ステーション(ISS)への補給ミッションを実施しました。

ソユーズロケットにより打ち上げられたプログレスは、打上からわずか3時間後に国際宇宙ステーションへと到達。そしてドッキングを果たしました。

プログレスには酸素や水、燃料、食料や衣服、そして装置などの約3トンの補給物資が搭載されていました。今後、プログレスにはISSから不要な物資が積載され、大気圏に再突入して燃え尽きることになります。

なお、プログレス73の到着の前には「プログレス72」が前述のように大気圏に再突入しています。また、スペースXの「ドラゴン補給船」も7月27日にISSとのドッキングを果たしています。

 

Image: Roscosmos via Yuzhny/TSENKI
■Russia Launches Progress 73 Cargo Ship on Speedy Flight to Space Station

Russia Launches Progress 73 Cargo Ship on Speedy Flight to Space Station
The Russian-built Progress 73 cargo ship launched to the International Space Station Wednesday (July 31) on a 4-hour trek to the orbiting laboratory.

文/塚本直樹

ページ上部へ戻る