はやぶさ2の第2回タッチダウンでは60cmの精度を実現

JAXA(宇宙航空研究開発機構)は小惑星探査機「はやぶさ2」に関する記者説明会を開催し、第2回タッチダウンの詳細を公開しました。

はやぶさ2は7月9日〜11日にかけて、小惑星「リュウグウ」への第2回タッチダウンを実施しました。7月11日10時6分18秒には、ターゲットマーカーを投下したC01-Cb地点へと降下。その様子は小型モニタカメラで撮影され、精度60cmでのミッションがおこなわれました。

なお、第2回タッチダウンでは広角の光学航法カメラが第1回タッチダウンにより曇ったため、ターゲットマーカの補足開始地点を45mから30mへと低くするなど、運用が調整されました。また、第2回タッチダウン地点は「うちでのこづち」と命名されています。

なお、はやぶさ2は2019年11月〜12月にリュウグウを離れ、2020年末に地球へと帰還する予定です。

 

Image: JAXA
■小惑星探査機「はやぶさ2」記者説明会
[https://fanfun.jaxa.jp/countdown/hayabusa2/press/files/20190725_hayabusa2.pdf]
文/塚本直樹

ページ上部へ戻る