インドの月探査機「チャンドラヤーン2号」22日に打ち上げへ 成功すれば世界4カ国目

インドのISRO(インド宇宙研究機関)は7月22日、月探査ミッション「チャンドラヤーン2号」を打ち上げます。

チャンドラヤーン2号はオービターとランダー(着陸機)「ヴィクラム」、ローバー(探査車)「プラギャン」からなるミッションで、ランダーを月の南極に降下させます。これが成功すれば、インドにとっては初めて、そして世界でも4カ国目となる、月面軟着陸の成功例となります。

初期計画によれば、打ち上げから数週間をかけて月周回軌道へとチャンドラヤーン2号を移動させ、その後にヴィクラムを切り離して9月6日に月の南極に着陸させます。その後、ヴィクラムとプラギャンを地球換算で14日間、月面探査を実施するのです。

もともとチャンドラヤーン2号の打ち上げは7月14日に予定されていたのですが、技術的な問題を理由に、スケジュールが延期されていました。なお、打ち上げには「GSLV MarkIII M1」ロケットが利用され、サティシュ・ダワン宇宙センターから実施されます。

Image: ISRO
■India to Launch Chandrayaan-2 Moon Lander Mission July 22

India to Launch Chandrayaan-2 Moon Lander Mission July 22
India is now targeting a July 22 launch of its first moon lander and rover after a weeklong delay due to a technical glitch.

文/塚本直樹

ページ上部へ戻る