その詳細なミッション内容が明かされていない米空軍のスペースプレーン「X-37B」が、衛星観測ファンにより観測されています。

オランダのRalf Vandebergh氏によって、2019年6月30日と7月2日に撮影された今回の画像。観測には10インチ口径のニュートン式望遠鏡と、モノラルのCMOSカメラが利用されました。

撮影画像はぼんやりとしているものの、スペースプレーンのノーズやペイロードベイ、テールなどが確認できます。飛行高度は339kmでした。

X-37Bは今回が5回目のミッションとなり、打ち上げられるたびのその飛行日数を伸ばしています。今回のミッションは、2017年9月に米スペースXの「ファルコン9」ロケットにより、フロリダのケネディ宇宙センターから打ち上げられました。

謎が深まるこのスペースプレーン「X-37B」…いったいどの様なミッションを実施しているのでしょうか。

 

Image: Ralf Vandebergh
■Mysterious X-37B Military Space Plane Caught on Camera (Photo)
https://www.space.com/x-37b-space-plane-skywatcher-photo.html
文/塚本直樹

 オススメ関連記事