室屋選手、2大会連続優勝 レッドブル・エアレース最終シーズン

2019年6月15日/16日に開催されたレッドブル・エアレース・チャンピオンシップのカザン大会にて、日本人パイロットの室屋義秀選手が見事優勝しました。

data-full-width-responsive="false">

昨年に続き、ヴォルガ川とカザンカ川が流れるタタールスタン共和国のカザンにて開催された、レッドブル・エアレースの第2戦。室屋選手は15日のフリープラクティスにてトップタイムを記録するも、予選ではノーポイントとなるる1分1秒944の4位で通過します。

しかし16日の本戦ではラウンド・オブ・14にてイギリスのベン・マーフィー選手を、そしてラウンド・オブ・8ではフランスのミカエル・ブラジョー選手を破り、ファイナル4に進出。さらに同レースにて1分3秒496のタイムをマークし、優勝を掴み取りました。

レッドブル・エアレースは今シーズンが最終戦となり、また年間試合数も8試合から4試合へと短縮されています。7月13日・14日に開催されるハンガリー・レイクバラトン大会、そして9月7日/8日の千葉大会でも、室屋選手の活躍を期待したいところです。

Image: Predrag Vuckovic/Red Bull Content Pool
■Redbull Airrace
https://airrace.redbull.com/en/event/kazan-2019#tab_results
文/塚本直樹

ページ上部へ戻る