ANAとヴァージン・オービットが提携 日本やアジアでの打ち上げ模索


ANA(全日本空輸)は2019年6月6日、米ヴァージン・オービットとの提携を発表しました。今後、両社は日本やアジアからのロケット打ち上げを目指します。

ヴァージン・オービットは、ボーイング747-400から小型ロケット「LauncherOne」を利用した人工衛星の打ち上げを目指しています。これにより、地上の天候に左右されない柔軟な打ち上げが可能になります。

そしてANAとヴァージン・オービットは日本やアジアにおける打ち上げサービスのための輸送支援、航空機や地上支援機材の整備もしくは調達にて、協力すると発表しました。

なお、ANAはスペースポートジャパンと、国内における宇宙機離発着場の検証を行っています。今後はヴァージン・オービットの日本でのサービス開始に向けた打ち上げ場所の選定で、スペースポートジャパンと協力するとも発表しています。

Image: ANA
■ANAホールディングスがヴァージン・オービットとのパートナーシップを発表

文/塚本直樹

ページ上部へ戻る