ソユーズ打ち上げ中に落雷も、GLONASS衛星は打ち上げ成功

ロシアの「ソユーズ 2.1b」ロケットの打ち上げが5月27日に実施され、ロケットに雷が落ちるというハプニングがあったものの、人工衛星「GLONASS-M」は無事投入に成功しました。

ロシアのプレセツク宇宙基地から打ち上げられたソユーズ 2.1bは、落雷にあいながらも航行を継続。なお、ロケットが雷に打たれるケースは1969年の「サターンV」ロケットの打ち上げでも発生しました。

そして、打ち上げられたGLONASS-Mは予定軌道に投入されただけでなく、オンボードシステムも正常に動作していることが確認されています。

測位システムのGLONASSを構築するGLONASS-Mは最新の航行衛星で、ロシアの軍事用途、および民生向けのサービスを提供します。

Image: Roscosmos
■Lightning Strikes Russian Rocket During Satellite Launch (But Everything’s Fine)
https://www.space.com/russian-rocket-launch-lightning-strike.html
文/塚本直樹

ページ上部へ戻る