レッドブル・エアレース、2019年シーズンで終了へ

レッドブル・エアレースが2019年シーズンで終了することが、公式に発表されました。

公式発表によると、2019年は6月15日/16日のロシア・カザン大会、7月13日・14日のハンガリー・レイクバラトン大会、9月7日/8日の千葉大会を実施した後に終了します。

レッドブル・エアレースは2003年以来90レースを実施してきました。しかし発表によれば、他のレッドブルが実施するイベントのように、外部から十分なレベルの関心を引くことができなかったことが、イベント終了の理由だと説明されています。

レッドブル・エアレースは日本人パイロットの室屋義秀選手の活躍もあり、日本で非常に人気の高いイベントでした。特に、室屋選手が総合優勝を果たした2017年シーズンは国内で大いに盛り上がり、またsoraeや著者も積極的に取材を実施してきました。今回の決定は、ただただ残念です。

なお、レッドブルは参加パイロットとそのチーム、パートナー、協力都市、そしてスタッフの尽力に感謝を伝えています。

Image: Predrag Vuckovic / RBAR
■Red Bull Air Race Not To Continue Beyond The 2019 Season

Red Bull Air Race Not To Continue Beyond The 2019 Season
Red Bull has decided not to continue the Red Bull Air Race World Championship beyond the 2019 season. The remaining races this year are:  Kazan, Russia, 15-16 June; Lake Balaton, Hungary, 13-14 July and Chiba, Japan, 7-8 September.
 

文/塚本直樹

ページ上部へ戻る