スペースX、スターリンク衛星打ち上げを来週に延期

米スペースX衛星ブロードバンド計画「スターリンク(Starlink)」打ち上げを延期しました。

スターリンクは地球低軌道に約1万2000機の人工衛星を打ち上げ、地上に廉価かつ低遅延な高速ブロードバンド網を構成する計画です。2018年2月にはテスト衛星「Tintin A/Tintin B」が打ち上げられています。

そして今回の打ち上げでは、60機のスターリンクの人工衛星を「ファルコン9」ロケットにて打ち上げる予定でした。しかしソフトウェアのチェックの必要性により、打ち上げは来週へと延期されています。

なお、スターリンクが最低限のカバーエリアを展開するには最低でも400〜800機の人工衛星の打ち上げが必要です。また、このような衛星ブロードバンド計画はアマゾンやフェイスブック、ワンウェブ(OneWeb)も計画しています。

Image: スペースX
■SpaceX Delays Launch of 60 Starlink Satellites Again, This Time for Software Checks
https://www.space.com/spacex-postpones-starlink-satellite-launch-extra-checks.html
文・塚本直樹

ページ上部へ戻る