ヴァージン・ギャラクティック、ニューメキシコにて商業運航に向け試験飛行へ

宇宙旅行を目指す米ヴァージン・ギャラクティックは、開発とテストの活動をカリフォルニア州モハベから、ニューメキシコ州のスペースポート・アメリカに移すと発表しました。

ヴァージン・ギャラクティックは宇宙船「VSS Unity」 と 「VMS Eve」 による、宇宙旅行を目指しています。また、商用打ち上げも年末までの開始が目指されています。

そしてスペースポート・アメリカには、100人の人員が再配置されます。一方でモハベの拠点は宇宙船「SpaceShipTwo」と艦載機「WhiteKnightTwo」の製造に携わることになります。

VSS Unityは2018年12月と2019年2月に宇宙空間に到達しました。そしてその最後のテストは、スペースポート・アメリカにて実施されます。さらに、ヴァージン・ギャラクティック創業者のリチャード・ブランソン氏は、アポロ11号の打ち上げから50周年となる7月16日に最初のミッションを実施したいと表明しています。

 

Image: ヴァージン・ギャラクティック
■Virgin Galactic Moving Test Flights to New Mexico to Prep for Commercial Operations

Virgin Galactic Moving Test Flights to New Mexico to Prep for Commercial Operations
The spaceflight company is moving its development and testing activities from Mojave, California, to its commercial-operations headquarters, Spaceport America, in New Mexico.

文/塚本直樹

ページ上部へ戻る