米スペースXの宇宙船「クルー・ドラゴン」にて、エンジンテスト中に問題が発生したことが海外にて報じられています。

この情報は、4月20日(現地時間)にフロリダ州ケープ・カナベラルにあるクルー・ドラゴンのテストサイトから、炎と煙が上がったことから判明しました。なお、今回のトラブルによるけが人はいなかったとされています。

クルー・ドラゴンはすでに無人でのテスト打ち上げと国際宇宙ステーション(ISS)へのドッキング、地上への帰還と回収に成功しています。そして、6月には飛行中の非常脱出装置のテストを実施する予定となっています。

クルー・ドラゴンには8つのスラスタ「スーパードラコ(SuperDraco)」が搭載されており、このエンジンのテスト中に今回のトラブルが起きたものと想定されます。なお、有人テスト打ち上げのスケジュールへの影響はまだ判明していません。

Image: Emre Kelly (Twitter)
■SpaceX Crew Dragon Capsule Suffers Anomaly During Engine Test
https://www.space.com/spacex-crew-dragon-engine-test-anomaly.html
文/塚本直樹