米スペースXは2019年4月3日(現地時間)、宇宙船プロトタイプ「スターホッパー」のエンジン点火とごくわずかなホップ飛行を実施しました。

スターホッパーは宇宙船「スターシップ」のプロトタイプで、テキサス州のボカ・チカにてテストを実施しました。しかし、実際にどれくらい宇宙船が浮上したのかについては明かされていません。

機体には「ラプター」エンジンが1基搭載されていると予測されており、エンジン点火は機体を地面に係留した状態で実施しています。

なお、スターシップには100人に乗員を登場させることが可能です。そしてブースター「スーパー・ヘビー」と組み合わされ、2023年にはZOZOTOWN率いる前澤氏の宇宙旅行や、2022年と2024年の火星探査に利用される予定です。

Image: Spadre.com
■SpaceX’s ‘Starhopper’ Starship Prototype Just Aced Its 1st Hop, Elon Musk Says
https://www.space.com/spacex-starhopper-prototype-first-hop.html
文/塚本直樹

 オススメ関連記事

【 sorae 広がる 】
フォローお願いします!
・Google news 配信
・Instagram ダイジェスト配信