Sponsored Link

NASAは「オライオン」宇宙船の月周辺を飛行するテスト打ち上げに、「SLS(スペース・ローンチ・システム)」ではなく民間ロケットを使用する可能性があることを示唆しました。

SLSはNASAが開発を進める超大型ロケットで、オライオンの打ち上げや「月軌道プラットフォームゲートウェイ」の建設に利用されます。

data-full-width-responsive="false">

しかしSLSの開発はたびたび延期され、さらに予定されていた予算も超過しています。そして、2020年6月に予定されているオライオン宇宙船のテスト打ち上げミッション「EM-1」に間に合わない可能性があるのです。

NASA長官のJim Bridenstine氏は、EM-1のスケジュールを守るために、民間ロケットの購入もあり得ることを示唆。具体的なロケット名は語られなかったものの、米スペースXの「ファルコン・ヘビー」やスペース・ローンチ・システムの「デルタIVヘビー」などが想定されます。

Bridenstine氏によれば、NASAは数週間以内にも使用ロケットについての決断を下すとしています。また、たとえ今回民間ロケットが選定されたとしても、将来的なSLSによるオライオンの打ち上げを予定しているとも語っています。

一方で、米政府の2020年予算案では、SLSのアップグレードバージョンとなる「ブロック1B」計画の延期を指示しています。ブロック1Bは月軌道プラットフォームゲートウェイの建設に利用される予定でしたが、こちらも民間ロケットの使用が提案されています。

Image Credit: NASA
■NASA May Skip Its Megarocket and Use Private Booster for Orion Moon Trip
https://www.space.com/nasa-eyes-private-rocket-orion-moon-trip.html
文/塚本直樹

宇宙天文ピックアップ

ページ上部へ戻る