JAL、国際線中長距離LCC「ZIPAIR」発表 バンコクと仁川線を予定


JAL(日本航空)は2019年3月8日、国際線中長距離LCCエアライン「ZIPAIR(ジップエア)」のブランド名を決定したと発表しました。

JALによれば、ZIPAIRのブランド名は「フライトの体感時間が短い」エアラインであることを表現している、とのこと。コープレートカラーはメインカラーがグレー、サブカラーがグリーンとなります。

そして、ZIPAIRは2020年サマースケジュールの就航を目指します。使用航空機は「ボーイング787-8型機」を、そして路線としては東京(成田)ーバンコク(スワンナプーム)と東京(成田)ーソウル(仁川)を申請しています。

なお、ZIPAIRは株式会社ZIPAIR Tokyo(ジップエア トーキョー)が運営することになります。4月からは社員募集も始まり、公式ホームページからは採用説明会へのエントリーができます。

Image Credit: JAL
■国際線中長距離LCCエアライン『ZIPAIR』が誕生

国際線中長距離LCCエアライン『ZIPAIR』が誕生 | プレスリリース | JAL企業サイト
運賃情報や決算情報、経営やサービス全般に関わる情報などがご覧いただける、JAL(日本航空)のプレスリリースです。

文/塚本直樹

ページ上部へ戻る