クルー・ドラゴンを宇宙旅行にも使いたい:イーロン・マスク氏語る


米スペースXを率いるイーロン・マスク氏は、テスト打ち上げが成功した有人宇宙船「クルー・ドラゴン」を宇宙旅行にも使いたいとの考えを明かしました。

マスク氏は「ソユーズ」宇宙船が宇宙旅行にも使われた例に触れ、「アメリカの宇宙船でも国際宇宙ステーション(ISS)にいけたら、すごいクールだと思わないか?」と発言。さらに、「おそらくそれは実現するだろうし、NASAも協力的だ。ISSを超えた旅行もあるかもね」と発言しています。

クルー・ドラゴンは最大7人乗りの宇宙船で、通常は4人の宇宙飛行士の輸送に利用されます。マスク氏は具体的な計画には触れていませんが、この余った座席を宇宙旅行客用に販売したり、NASAの宇宙飛行士の人数を減らしたり、あるいはクルー・ドラゴンを宇宙旅行のためだけに運用する……など、さまざまな可能性が想定できます。

現在スペースXは巨大宇宙船「スターシップ」とそのブースター「スーパー・ヘビー」を開発しており、2023年にはZOZOタウン率いる前澤友作が月旅行へと旅立つ予定です。そして、スペースXはさらなる宇宙旅行の手段を手に入れようとしているのかもしれません。

 

Image Credit: スペースX
■Elon Musk Wants Space Tourists to Fly on SpaceX’s New Ride for NASA

Elon Musk Wants Space Tourists to Fly on SpaceX’s New Ride for NASA
The billionaire entrepreneur sees a bright and busy future for SpaceX

文/塚本直樹

ページ上部へ戻る