ソユーズ「ワンウェブ」打ち上げ 衛星コンステレーション構築へ

2019年2月27日(現地時間)、「ソユーズ」ロケットがギアナ宇宙センターから打ち上げられました。ロケットの打ち上げと「ワンウェブ」衛星の軌道投入は成功しています。

今回地球低軌道に打ち上げられたのは、6機のワンウェブの通信衛星。ヴァージニア州をベースとするワンウェブは、2021年までにKuバンドを利用した648機の衛星コンステレーションを構築し、全世界に高速インターネットを提供する予定です。

ワンウェブの人工衛星の重量は148kgで、サイズは洗濯機ほど。そして、高度1200kmを飛行します。

ワンウェブは、その後も人工衛星の数を900機以上、あるいは2000機近くに増やす計画があります。なお、ワンウェブにはソフトバンクが10億ドルを出資しています。

 

Image Credit: ワンウェブ
■Soyuz Rocket Launches 1st of Many Satellites for OneWeb’s Global Internet Constellation
https://www.space.com/oneweb-launches-1st-satellites.html
文/塚本直樹

ページ上部へ戻る