中国、月面基地を建設へ 嫦娥6号〜8号計画に言及

中国は2019年1月14日、現在と今後の月探査計画に関するカンファレンスを開催しました。

現在、中国は月からのサンプルリターンを目指す「嫦娥(じょうが)5号」の年内打ち上げを計画しています。さらに、その後に3機の探査機の派遣を予定しているのです。

まず嫦娥6号では、月の南極からのサンプルリターンを実施します。このミッションは月の表側、あるいは裏側の両方を想定しています。

そして嫦娥7号では、月南極の包括的な探査をおこないます。これはその組成から地形、地質、空間を含んだものとなります。

最後に嫦娥8号では科学的な観測や実験にくわえ、月面基地の建設のための技術実証をおこないます。この月面基地は、科学研究目的のものです。

 

Image Credit: CNSA
■China Details Future Moon Plans, Including Polar Research Station
https://www.space.com/43000-china-moon-exploration-plans-research-base.html
文/塚本直樹

ページ上部へ戻る