ウルティマ・トゥーレは赤い雪だるま型か。ニュー・ホライズンズから新撮影画像

Sponsored Link

NASAの探査機「ニュー・ホライズンズ」カイパーベルト天体「ウルティマ・トゥーレ」をフライバイ飛行しましたが、新たな撮影画像からその赤みを帯びた雪だるなのような形状が明らかになりました。

data-full-width-responsive="false">

ウルティマ・トゥーレは、海王星よりも外側にある「カイパーベルト」に位置する天体で、観測により長さは33kmで大小2つの球が合体したような形状だと判明。ニュー・ホライズンズの運用チームによれば、同天体は以前2つだったものがゆっくりと合体したと想定されています。

2006年に打ち上げられたニュー・ホライズンズは、2015年に冥王星の観測を実施。今回の画像は、同探査機がフライバイの最中となる2019年1月1日に撮影したものです。また、今後もニュー・ホライズンズはさらなる高解像度画像を地球へと送信する予定です。

 

Image Credit: NASA/Johns Hopkins University Applied Physics Laboratory/Southwest Research Institute
■’Meet Ultima Thule’: 1st Color Photo of New Horizons Target Reveals a Red ‘Snowman’
https://www.space.com/42878-ultima-thule-new-horizons-first-color-photo.html
文/塚本直樹

宇宙天文ピックアップ

ページ上部へ戻る