NASAは2019年9月30日、アルテミス計画における着陸機(ランダー)のプロポーザル(提案)の受付を開始しました。

アルテミス計画では、2024年までにNASAの宇宙飛行士を再び月面に立たせることを目標としています。

実際の計画では、まず宇宙飛行士を地球から月周辺プラットフォームゲートウェイ(ゲートウェイ)へと輸送。そして、そこから別のランダーに乗り換えて月面への着陸を実施するのです。

最初にランダーとして採用された機体は2024年のミッションに、そして2機目は2025年のミッションにて使用されます。

なお、プロポーザルの期限は今年の11月1日までに設定されています。

 

関連:NASA、アルテミス計画へオリオン宇宙船を追加発注

Image: NASA
Source: Space.com
文/塚本直樹

 オススメ関連記事