NASAの月周回探査機「ルナー・リコネサンス・オービター(LRO)」が2019年9月17日、インド月探査機「チャンドラヤーン2号」の着陸地点とされる地点の撮影画像を公開しました。

チャンドラヤーン2号のミッションでは、着陸機「ヴィクラム」と探査車「プラギャン」が9月6日に降下ミッションを実施。しかし月から高度2.1kmの地点で通信が途絶し、月面に衝突したことがほぼ確実視されています。

インド宇宙研究機関(ISRO)は周回探査機により、ヴィクラムの把握は可能だとしていますが、現在までその画像を公開していません。一方NASAのLROの軌道の角度からは、ヴィクラムをうまく観測できないことが予測されていました。

ヴィクラムはSimpelius NとManzinus Cという2つのクレーターの間に落下したと予測されています。上の画像の青い丸で囲われた地点がそれに相当しますが、現在でもその正確な落下地点は判明していません。

LROは10月にも再度落下地点を撮影し、ヴィクラムの発見を試みる予定です。

 

関連:NASAの月探査機LRO、チャンドラヤーン2号の上空飛行を実施

Image: NASA/Goddard/Arizona State University/Space.com
Source: Space.com
文/塚本直樹

 オススメ関連記事