マスク氏、スターシップの次世代エンジンの燃焼実験動画を公開

スペースXのCEOイーロン・マスク氏は、自身のTwitterで巨大ロケット「スターシップ(Starship)」のエンジン「ラプター(Raptor)」の画像および燃焼実験の動画を公開しました。

ラプター」は全長100mを超える「スターシップ」に搭載される次世代ロケットエンジン。液体酸素と液体メタンを燃料としており、再利用可能な二段燃焼サイクルエンジンとして開発が進められています。なお「ラプター」は、上段の宇宙船部分および下段のブースター(スーパー・ヘヴィ)部分に搭載されます。

スペースXの計画では、ラプターを搭載したロケットの小規模打ち上げテストを2019年前半に行い、2020年にはフルサイズでの初打ち上げが予定されています。

Image Credit:イーロン・マスク/スペースX

ページ上部へ戻る