KDDIら4社、世界初4G LTE搭載ドローンで広域警備実験に成功

スペシャリスト:


KDDI、NEDO、テラドローン、セコム
の4社は、4G LTE対応スマートドローンを複数台活用した警備実証実験に世界ではじめて成功したことを発表しました。
 

2018年2月に神奈川県内のレジャー施設にて行われた実験では、4G LTEを搭載したプロドローン社製スマートドローンを4機利用した遠隔による警備巡回実験が実施されました。
 

 
実験の主なターゲットとしては、レジャー施設内の「不審者の発見や注意喚起」「不審火の発見」「夜間警備」などを運行管理室から遠隔で行うというもの。
 

不審者がいると想定したデモンストレーションでは、高高度をカバーする俯瞰ドローンがターゲットを発見し、運航管理室が把握。中低高度をカバーする巡回ドローンを現場に向かわせ、光や音声で警告するといった内容が披露されました。
 

 
スマートドローンには高感度カメラ、スピーカー、赤外線カメラ、LEDライトなど警備巡回に必要な装置が搭載されており、16,000mAhと大型のバッテリーを搭載している為、総重量は約20kgと重量級。
 

その重量もあり、現在は連続飛行時間は10分程度に留まっていますが、実用化に向けて軽量化など最適化を図って行くようです。
 

▲巡回ドローン装備されたLED、スピーカー、赤外線カメラなど

▲俯瞰ドローンに装備された高感度カメラ

▲運航管理のデモンストレーション

 
実用化されることで、警備だけでなく、災害時の情報伝達や救助、様々なインフラにおける社会のアップデートが期待できそうですね。

 
■世界初、4G LTEで自律飛行する複数ドローンを活用した広域警備に成功
http://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2018/03/15/3009.html

「sorae(そらへ)」は宇宙に関する最新ニュースや最先端の技術情報などを、スピーディーかつ分かりやすく紹介していきます。「sorae(そらへ)」という名前には、「宇宙(そら)へ行きたい」、「宇宙(そら)を知りたい」、「空を飛びたい」、「夜空の星を眺めたい」など、読者の「そらへ」対する憧れや希望、知的好奇心に応えたいという想いが込められています。

スポンサー



NEWS

コラム

  • イベント情報