アリアンスペース「ソユーズ」打ち上げ 偵察衛星「CSO-1」搭載

アリアンスペースは2018年12月19日、「ソユーズ」ロケットの打ち上げを実施しました。ロケットには偵察衛星「CSO-1」が搭載されていました。

ギアナ宇宙センターから打ち上げられたソユーズは、悪天候のため打ち上げを1日延期していました。また報道によれば、衛星は高度800kmの太陽同期軌道に投入される計画です。

CSO-1はフランス軍による3機の偵察衛星コンステレーションを構成する、1機目の人工衛星となります。重量は3,566tで、10年間の運用を予定しています。

CSO-1は予定軌道に移動後、可視光や赤外線による3D写真や超高解像度写真を撮影する予定です。

Image Credit: アリアンスペース
■Arianespace Launches Spy Satellite for France on Soyuz Rocket
https://www.space.com/42795-arianespace-soyuz-launches-french-spy-satellite.html
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る