インサイトのICCによるダクトカバーなしの火星画像が公開

2018年11月26日に火星に着陸したNASAの火星探査機「インサイト」は、着実にそのミッションを進めています。
インサイトの公式Twitter(https://twitter.com/NASAInSight)では、ICC(Instrument Context Camera)に取り付けられていたダクトカバーを外した写真が公開されています。魚眼レンズの様にみえるICCの画像ですが、現在もゴミが付着しています。しかし、最初に送られてきた画像と比較すると、より鮮明に火星の地表インサイトの足元を写し出していることが分かります。

また、アームに取り付けられたカメラ「IDC(Instrument Deployment Camera)」による火星の空を見上げた、新しい画像も公開されています。

それぞれのカメラが取り付けられている箇所は、以下の画像から把握することができます。

なお、インサイトの撮影した画像は、RAWデータにてNASAのサイト(http://go.nasa.gov/InSightRaws)から閲覧・ダウンロードが可能。
これから次々に新しい火星画像が公開されていくと思われますが「インサイト」は着陸地点から移動することはないので、火星の「○○に見える」ような不思議な画像が送られてくることは期待できないかもしれません。

 

Image Credit:NASA InSight
■InSight’s First View of Mars with the Cover Off
https://mars.nasa.gov/resources/22180/insights-first-view-of-mars-with-the-cover-off/

関連記事

ページ上部へ戻る