「はやぶさ2」の小型ローバーの名称が「イブー」「アウル」に決定

Sponsored Link

JAXAは、小惑星探査機「はやぶさ2」に搭載された2台のローバーの名称を「イブー(HIBOU)」「アウル(OWL)」に決定したことを発表しました。

この2台のローバーは2018年9月21日に「はやぶさ2」から分離し、小惑星リュウグウに着陸。リュウグウ表面の写真撮影やホッピング移動に成功しています。リュウグウの地表を撮影し我々に届けてくれたのも、この小型ローバーの撮影によるものです。

▲「MINERVA-II1」のRover-1A(イブー)が撮影したリュウグウの画像

また、初代「はやぶさ」に搭載されていた「MINERVA(ミネルバ)」の後継機として、「MINERVA-II1」「MINERVA-II2」が「はやぶさ2」に搭載されています。今回の発表では、「MINERVA-II1」から分離する「Rover-1A」「Rover-1B」の名称が決定したことになります。

Sponsored Link

Rover-1A」はフランス語でミミズクを意味する「イブー(HIBOU)」を、「Rover-1B」は英語でフクロウを意味する「アウル(OWL)」と名付けられました。

また、「MINERVA-II1」の名称のミネルバはローマ神話の女神。芸術作品では知恵の象徴であるフクロウと共に描かれることが多く、名称に抜擢されたようです。
なお、ミミズクとフクロウは微妙に異なっていますが、2台のローバーも微妙に異なっているため、とJAXAはコメントしています。

 

Image Credit:JAXA

ページ上部へ戻る