「ふたご座流星群」は13〜14日夜が見頃!1時間に40個程度見られるかも?

三大流星群の1つで毎年12月中旬頃に見られる「ふたご座流星群」の季節が今年もやってきました。
2018年の「ふたご座流星群」は12月13〜14日が見頃で、極大は14日の21時頃となっています。
また、今回の流星群は天候条件も良好で「暗い夜空で1時間に40個程度」を観測できると予測されています。

気象庁の天気予報(13日午前現在)によると、全国的に天気が崩れることはなさそうですが、日本海側を中心に雪になるかもしれません。お住まいの地域の空模様が気になる方は予め天気予報を確認してみてください。

「ふたご座流星群」の流れ星は20時頃から見え始めますが、まだまだ放射点が低く、見頃としては本格的に流れ出す22時から未明です。また、チャンスは13〜14日・14〜15日にかけての夜の2日間なので、仕事の帰り際に夜空を眺めるもよし、完全装備して撮影待機するのもよいですね。

また、様々な方やメディアが流星群をライブ中継されるようですが、夜空に出現する沢山の流れ星を自身の目で観測することをお勧めします。

 

Image Credit:国立天文台
■ふたご座流星群2018
https://www.nao.ac.jp/astro/feature/geminids2018/

ページ上部へ戻る