未来がまた近くに。JAL・KDDIら空港内「5G」実証実験を開始

JALとKDDI、KDDI総合研究所は、次世代通信規格「5G」を用いた航空サービスに関する実証実験を開始しました。

5G」は、現在主流の通信規格「4G」の後継として2019〜2020年頃に日本でサービスが開始される予定の次世代通信規格。「4G」と比較して約20倍の高速かつ大容量の通信が行えることから、4KやVRなどのリッチコンテンツの映像体験が実現されます。また「4G」よりも約10倍の多接続を利用した各種センサーデータのリアルタイム連携が可能、通信の低遅延も特徴です。

今回の実証実験では、5G専用端末を用いた「タッチレス搭乗ゲート」「ラウンジなどでニーズに合わせた情報配信(4K、VRなど)」「空港内の位置測位」などを行います。

また、各社の役割として、JALは「空港・機内などにおける新しい体験の企画、開発」「JAL Innovation Lab」の提供、KDDIは「5G環境」の提供、KDDI総合研究所は「5Gの無線特性を生かした独自の技術開発」「サービス実現に向けた実証実験の実施」を担当します。

通信の大容量化で、今まで以上に様々な詳細情報が手元の端末に気軽に入ってくる未来が近づいています。「5G」のサービスの正式な開始日は発表されていませんが、対応端末も含め2-3年後には一般的に、6-7年後には大容量通信によるサービスが主流になっているのではないでしょうか。

 

Image Credit:日本航空株式会社
■(共同リリース)JAL・KDDI・KDDI総合研究所は、「5G」を用いた便利で快適な空港サービスの実証実験を開始
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000126.000030684.html

関連記事

ページ上部へ戻る