インサイト、火星着陸に成功。撮影画像を送信

NASAの火星探査機「インサイト」が、2018年11月26日(現地時間)に赤い惑星への着陸に成功しました。同探査機からは火星での撮影画像も送信されています。

インサイトは火星にて地震活動や地中のエネルギー、あるいは電磁波を観測します。また、地中に穴を掘り、観測を実行するのも特徴です。さらに、同時に打上げられた2機の小型人工衛星「マルコ(マルコA、マルコB)」によって、観測データが中継され地球へと送信されます。

インサイトが着陸したのは、エリシウム平原。探査機「キュリオシティ」が活動しているゲイル・クレーターからわずか550km程度の地点です。

なお、撮影画像の黒いドットはインサイトの着陸時に舞い上がったゴミだと考えられます。今後はカメラのダストカバーが外され、鮮明な画像が撮影されるはずです。

Image Credit: NASA
■Behold! Here’s the 1st Photo from Mars from NASA’s InSight Lander.
https://www.space.com/42544-insight-mars-landing-first-photo.html
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る