スペースX、次期巨大ロケットを「スターシップ」に改名 デザイン変更も

宇宙開発企業の米スペースX社を率いるイーロン・マスク氏は、次期巨大ロケットの名称を「スターシップ(Starship)」に改名すると発表しました。

これまで、「BFR(ビッグ・ファルコン・ロケット)」と呼ばれていた同ロケット。今後は上段の宇宙船部分が「スターシップ(Starship)」、下段のブースター部分が「スーパー・ヘビー(Super Heavy)」と呼ばれることになります。

もともと、2016年に惑星間輸送システム(ITS)として紹介された、スペースXの次期ロケット。その後2017年にBFR(宇宙船部分はBFS)へと改名され、今回スターシップへとなりました。

マスク氏はスターシップが「将来的に、他の惑星系への移動にも利用できる」と表明しており、さらに大胆なデザイン変更も示唆しています。また、スターシップによる火星への有人飛行も2020年代に実施される予定です。

Image Credit: スペースX
■No More BFR: SpaceX Changing Name of Mars-Colonizing Rocket, Spaceship
https://www.space.com/42499-spacex-bfr-mars-spaceship-name-change.html
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る