4K8Kのスーパーハイビジョン放送が12月1日開始!2001年宇宙の旅が8K放送されるよ

NHKは、4K・8Kの2つの放送局NHK BS4K」「NHK BS8Kを2018年12月1日より開局し、本放送を開始します。

ハイビジョンの4倍の4K、16倍の8Kといった超高精細映像の次世代テレビ技術が使用されたスーパーハイビジョン放送の初日の午後には、世界初「8K完全版 2001年宇宙の旅」の放送が決定しています。「2001年宇宙の旅」は今から50年前という半世紀前の作品でありながらも幅広く根強い人気を持つSF作品。オリジナルのネガはワーナー・ブラザースによって徹底した環境下で管理されていましたが、50年といった歳月によってフィルムに傷や劣化が生じてしまいました。

NHKは「2001年宇宙の旅」の8K化を呼びかけ、ワーナー・ブラザースが専門の作業チームに依頼しフィルムの修復・8K化を開始。丹念に傷などを修復、すべての名シーンの色彩を細かく修正し、初公開時の映像・音声にできるだけ近い状態で8K化を完了させています。

8K完全版 2001年宇宙の旅」の放送は12月1日(土)の13:10〜15:39。
NHKではBS8Kの12月1〜16日までの番組表(PDF)を公開していますが、「8K完全版 2001年宇宙の旅」は12月1日のみで、近々では再放送されないかもしれません。

また、「BS4K」「BS8K」放送を受信するためには専用の4K/8Kテレビ(または4K/8Kチューナーつきテレビ)、4K/8Kの電波受信に対応したアンテナが必要になり、緊急に揃えるのも少々難易度が高い状態ですね。どうしても「2001年宇宙の旅」の8K放送を目撃したい場合は、大手家電量販店に足を運んでみてください。12月1日の午後はお店内のテレビの多数が「2001年宇宙の旅」を映し出すかもしれませんよ!

 

Image Credit:NHK
■NHK スーパーハイビジョン
https://www.nhk.or.jp/shv/
https://www.nhk.or.jp/pr/keiei/shiryou/soukyoku/2018/10/001.pdf

関連記事

ページ上部へ戻る