打ち上げにソユーズFGを利用した「プログレス補給船」無事にISSとドッキング

ロシアの国営宇宙公社ロスコスモスは、日本時間2018年11月17日にソユーズFGを利用した無人貨物船「プログレス」をカザフスタンのバイコヌール宇宙基地より打ち上げに成功しました。

燃料や食料などの物資を搭載したプログレス補給船は、日本時間19日早朝に、国際宇宙ステーションと無事にドッキングを無事完了してます。また、宇宙から撮影した夜間打ち上げの模様を国際宇宙ステーション滞在中のアレクサンダー・ゲルスト宇宙飛行士がTwitterに投稿しています。

今回の打ち上げに用いられたソユーズロケットは10月11日発生した打ち上げ事故と同じソユーズFG。事故後初の打ち上げ成功を踏まえ、12月3日には宇宙飛行士3名を載せたソユーズの有人飛行を再開する予定となっており、注目が集まっています。

 

Image Credit:Twitter
[https://twitter.com/Space_Station/status/1064240157770031105]

関連記事

ページ上部へ戻る