茨城県が宇宙事業支援プロジェクトを発足。いばらき宇宙ビジネスサミット2018を開催へ

茨城県は自治体として全国初となる宇宙ビジネスに特化した支援を行う「いばらき宇宙ビジネス創造拠点プロジェクト」を立ち上げ、その取り組の一環として「いばらき宇宙ビジネスサミット2018」の開催が決定しました。

いばらき宇宙ビジネスサミット2018」では、「シンポジウム」「セミナー」「S-Matching(宇宙ビジネス投資マッチング・プラットフォーム)」が開催され、各フロアにてパネルディスカッションやワークショップ、講習会、名刺交換会などが行われます。

日時は、2018年12月18日(火) AM10:00開始。開催場所は、つくば市内にあるオークラフロンティアホテルつくば。参加費は無料ですが、公式サイトより事前の申込みが必要です。

いばらき宇宙ビジネスサミット2018」の共催は内閣府経済産業省。後援は「つくば市」「宇宙航空研究開発機構(JAXA)」「新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)」となっています。

 

【シンポジウム】
いばらきS-NET
会場:本館3階「ジュピター」

■10:00~
主催者挨拶、宇宙産業の現状説明
■10:30~11:30
パネルディスカッション(定員150名先着順)
(パネリスト)
茨城県知事 大井川 和彦
株式会社ispace Founder & CEO 袴田 武史氏
株式会社ワープスペース CEO 亀田 敏弘氏
合同会社Yspace 代表 日髙 萌子氏
株式会社INCJ 専務取締役 共同投資責任者 ベンチャー・グロース投資グループ長 土田 誠行氏
(モデレーター)
株式会社野村総合研究所 ICTメディア・サービス産業コンサルティング部 上級コンサルタント 佐藤 将史氏
■~12:00
名刺交換

【セミナー】
いばらきS-NET
会場:アネックス1階「昴の間」

■13:00~16:10
ソリューションアイデア創出のメソッド学習【企画担当者向け】(定員40名先着順)
新たなソリューションビジネスを創出するためのワークショップを開催
会場:アネックス2階「夕映」「有明」「北斗」

■13:00~15:30
衛星データに関する講習会・操作実習【エンジニア向け】(定員40名先着順)
拡大が見込まれる衛星データ活用の裾野を広げ、潜在的な事業者を発掘
*参加者はPC、G-mailアカウントが各自必要です
■13:00~15:30
専門家への個別相談会  (定員5組先着順 30分/組)
尖った宇宙関連の技術等を有する宇宙関連企業や国の研究機関等が投資家等に対してプレゼンを行うビジネスマッチング
※先着順となるため、参加いただける方については、後日連絡いたします。

【S-Matching】
会場:アネックス1階「昴の間」

■13:00~17:00
S-Matching with 国研&ベンチャー(定員100名先着順)
※プレゼンテーマ等は随時ウェブサイトに掲載します。
※名刺交換・質疑応答のスペースを用意しています。入退室自由です。

 

Image Credit:いばらき宇宙ビジネスサミット2018事務局
■いばらき宇宙ビジネスサミット2018
http://www.iss2018.space/

関連記事

ページ上部へ戻る