そらし目で見える「目」の特徴を持つ星雲

【本日の天体紹介:NGC 6826】
緑色の大きな目の様に見えるこの惑星状星雲は、はくちょう座の方向約2200光年先にある「NGC 6826」です。1996年1月にハッブル宇宙望遠鏡の広域惑星カメラ「WFPC2」によって撮影されました。

NGC 6826」は中心星が明るいことから口径の小さい望遠鏡を用いた際、直視では周囲の星雲部分を把握することはできません。しかし、「そらし目」といった視界をずらした周辺視野で星雲を見ることができることから「まばたき星雲(Blinking Nebula )」の名称も持っています。

外周の緑部分が結膜、中央の濃い緑部分は角膜、中心星が瞳孔、中心星の輝きが虹彩、そして赤く腫れた内眼角として見ると、この名称は形にも掛けているのかもしれません。
それにしても「NGC 6826」を目として認識してしまうと、綺麗という第一印象から2つ並んでいなくて良かった思える怖さがありますね。

 

Image Credit:Bruce Balick (University of Washington), Jason Alexander (University of Washington), Arsen Hajian (U.S. Naval Observatory), Yervant Terzian (Cornell University), Mario Perinotto (University of Florence, Italy), Patrizio Patriarchi (Arcetri Observatory, Italy) and NASA/ESA
■Hubble’s planetary nebula gallery. A view of NGC 6826
https://www.spacetelescope.org/images/opo9738d/

関連記事

ページ上部へ戻る