ケプラー宇宙望遠鏡、燃料尽き運用停止

NASAは2018年10月30日(現地時間)、「ケプラー宇宙望遠鏡」の燃料が尽き運用を停止すると発表しました。

ケプラーは恒星の前を惑星が通過する時の明るさの変化を利用した「トランジット法」により、多数の惑星を発見してきました。またその中には、生命の存在の可能性がある「ハビタブル惑星」もいくつも含まれています。

ケプラーはここ数ヶ月燃料レベルが低下しており、運用期間の延長のために手が尽くされてきました。そして燃料が尽きたことから、その向きを変更したり地球にデータを送ることができなくなります。

またたとえ運用が停止しても、同宇宙望遠鏡によって収集されたデータは引き続き検証され、さらにミッションも後継宇宙望遠鏡「TESS」によって引き継がれるのです。

 

Image Credit: NASA
■RIP, Kepler: NASA’s Revolutionary Planet-Hunting Telescope Runs Out of Fuel
https://www.space.com/41363-kepler-exoplanet-hunting-telescope-dead.html
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る