ULA「ヴァルカン」ロケットは2021年4月に初打上げ予定

米ULA(ユナイテッド・ローンチ・アライアンス)はパネルディスカッションにて、次世代ロケット「ヴァルカン」の初打上げを2021年4月に延期することを明かしました。

ULAでチーフ・オペレーティング・オフィサーを務めるJohn Elbons氏によれば、ヴァルカンの開発は順調に進んでいます。しかし米空軍による認証の関係で、打上げが遅れる見通しとなったのです。また、ヴァルカンの2回目の打上げは2021年8月を予定しています。

これまで、ヴァルカンの打上げは2020年が予定されていました。また今年に入り、ロケット第1段のエンジンとして米ブルー・オリジンの「BE-4」が採用されることも決定されています。

Image Credit: ULA
■ULA Now Planning First Launch of Vulcan in 2021
https://www.space.com/42249-first-launch-ula-vulcan-delayed-2021.html
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る