ソユーズ、12月には有人打ち上げ復帰を目標

宇宙飛行士の打上げ失敗により先行きが心配されていた「ソユーズ」ロケットですが、NASAチーフのJim Bridenstine氏によれば12月には有人打ち上げに復帰することが判明しました。

2名の宇宙飛行士を搭乗させたソユーズは、10月11日にロケット第1段の分離に失敗。宇宙飛行士は無事に帰還しましたが、現在でも事故原因の詳細が調査されています。

なお、ミッションに関わるのはNASAのAnne McClain宇宙飛行士、ロシアのOleg Kononenko宇宙飛行士、カナダのDavid Saint-Jacques宇宙飛行士となります。また、10月11日に打上げに失敗した2人の宇宙飛行士は別のミッションでの再度打上げが予定されています。

 

Image Credit: Bill Ingalls/NASA
■Russian Soyuz Rocket Will Launch Astronauts to Space Station by Christmas, NASA Chief Says
https://www.space.com/42231-soyuz-crew-launch-space-station-december.html
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る