南極で発見された長方形の様な氷山。でも期待より歪な形

NASAは、南極に浮かぶ長方形の様な氷山の画像を公開しました。
これは南極観測「オペレーション・アイスブリッジ」の最中の10月16日に捉えたものです。このオペレーションは、ラーセンA・B・C棚氷から分離した氷山の変化を評価観測するために行われており、「長方形の氷山」はラーセンC棚氷の近くで発見されました。

参加者である科学者ジェレミー・ハーベック氏は「直線的な縁のある氷山を見かけることがあるが、2辺が直角であるものをこれまでに見たことはない」とその珍しさを語っています。

(訂正追記)この様な形の氷山は2つ見つかっているとされ、1枚目と2枚目の氷山は別物です。1枚目の氷山は比較的しっかりとした台形をしており、もう1つの2枚目にフォーカスされた氷山は、残念ながら完全な長方形とは言えない歪な形をしています。また、2つの氷山を含む周囲の状態はFlickrに投稿された動画から確認することができます。

なお「オペレーション・アイスブリッジ」による観測は、11月18日まで行われる予定です。

 

Image Credit:NASA
■2 Rectangular Icebergs Spotted on NASA IceBridge Flight
https://www.nasa.gov/image-feature/goddard/2018/2-rectangular-icebergs-spotted-on-nasa-icebridge-flight

関連記事

ページ上部へ戻る