ソユーズロケット、有人打ち上げ復帰前に3回の無人ミッションを予定

ロスコスモスは2018年10月17日(現地時間)、先日打上げに失敗した「ソユーズ」ロケットについて、有人打ち上げミッションに復帰する前に3回の無人打上げを予定していると表明しました。

ロスコスモスによれば、ソユーズでの宇宙飛行士の打上げは3回の無人ミッションが成功し、調査が十分に行われない限り実施されないとのこと。なお先日のソユーズの打上げでは、ブースターの分離に失敗していることが確認されており、それを含めた原因調査が行われるとしています。

そして今後、ソユーズは10月30日にISS(国際宇宙ステーション)への補給ミッションを実施します。さらに11月6日にはフランス領ギアナから天候観測衛星を、そして11月22日にはカザフスタンからエジプトの地球観測衛星を打ち上げる予定です。

 

Image Credit: NASA/Bill Ingalls
■After Soyuz Abort, Russia Wants 3 Successful Robotic Flights Before Next Crew Launch
https://www.space.com/42182-russian-soyuz-launch-abort-investigation-report-soon.html
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る