現代産業科学館、宇宙食と食品保存技術の展示会を12月2日まで開催

千葉県立現代産業科学館は、平成30年度企画展「宇宙(そら)の味ー宇宙日本食と食品保存技術ー」を2018年10月13日(土)から12月2日(日)まで開催しています。

宇宙(そら)の味ー宇宙日本食と食品保存技術ー」では、日本・アメリカ・ロシアの貴重な宇宙食をはじめ、暮らしに役立つ「伝統的な保存食」「災害時用の備蓄食料」「食品保存や食育」なども多数取り揃えて展示しています。

日本の宇宙食は、JAXAが承認した宇宙日本食を全種類展示。特にロシアの宇宙食は充実な種類を用意しており、ロシア国内の自動販売機で手に入る限定の宇宙食といった珍しいものも。

また、関連行事として11月23日(金祝)に「宇宙講演会 国際宇宙ステーションからの流星観測プロジェクト「メテオ」」も 実施されます。

 

Image Credit:千葉県立現代産業科学館
■平成30年度 企画展「宇宙(そら)の味ー宇宙日本食と食品保存技術ー」
https://kyodonewsprwire.jp/press/release/201810189334

関連記事

ページ上部へ戻る