2018年10月11日にカザフスタンのバイコヌール宇宙基地から打ち上げられた「ソユーズ」ロケットは、1段目のロケットブースターの分離時に問題が発生したためミッションを中止し緊急脱出するというトラブルが発生。「ソユーズFG」ロケットから宇宙飛行士をのせた「ソユーズMS−10」宇宙船が分離され「弾道降下モード」で地上に帰還しました。

搭乗していた、ロシアのアレクセイ・オブチニン宇宙飛行士、アメリカのニック・ヘイグ宇宙飛行士健康状態に問題はなく、良好とのこと。NASAは、バイコヌールのクライニ空港に戻った2名と無事を喜ぶ家族の画像を公開しています。
人命を落とす様なロケット事故にならず不幸中の幸いでしたが、この問題は今後の国際宇宙ステーションへの移動手段やソユーズの運用に関して大きな懸念事項となりました。

また、アレクセイ・オビニキン宇宙飛行士とニック・ヘイグ宇宙飛行士は、モスクワ近郊のスター・シティにある「ガガーリン宇宙飛行士訓練センター」に戻る予定です。

 

Image Credit:NASA
■Expedition 57 Crew Returns to Baikonur
https://www.nasa.gov/image-feature/expedition-57-crew-returns-to-baikonur

関連記事

ページ上部へ戻る