「ロケット交流会2018」日本科学未来館で10月13日・14日開催

▲参考画像:H3ロケット

有人ロケット研究会(MRP)は2018年10月13日(土)・14日(日)の2日間、東京・お台場の日本科学未来館にて「ロケット交流会2018」を開催します。

ロケット交流会2018」はロケット開発に関連する団体・個人を中心とした交流と活動紹介を目的とした展示イベント。2012年から開催し、今年で7回目となります。

今年も日本ロケット協会との共催企画「パネルディスカッション ~有人宇宙輸送時代を見据えて~」を実施し、パネラーとして「油井 亀美也(JAXA宇宙飛行士)」「野中 聡(JAXA/宇宙科学研究所 准教授)」「稲川 貴大(インターステラテクノロジズ株式会社 代表取締役)」「淺田 正一郎(株式会社SPACE WALKER 取締役)」が参加。sorae編集部の一員でもある「大貫 剛(フリーライター、MRP理事)」が司会を行い、SpaceXを中心に新たな有人宇宙輸送時代の幕を開けの中で、日本の現状や立ち位置、これから目指すべき道を官民の立場から議論します。

開催は、日本科学未来館の有料エリア外が会場となるため入場料は無料で、申込みも不要。ただし、懇親会の参加は有料で事前の申込みが必要となります。ロケットや宇宙に興味があれば、ロケット開発に携わる方以外でも参加は可能です。

詳細は有人ロケット研究会の公式ページを参照して下さい。

 

■開催日時
[展示]
2018年10月13日(土) 12:00〜17:00
2018年10月14日(日) 10:00〜16:00
[パネルディスカッション]
2018年10月13日(土) 14:00〜16:00
[講演]
2018年10月14日(日) 13:30〜
[懇親会(立食形式)]
2018年10月13日(土) 17:00〜19:30 ※参加は申込みが必要。
■開催場所
日本科学未来館7F(入場無料エリア)
展示:金星ルーム、火星ルーム、水星ルーム、ロビー(1)
パネルディスカッション、講演:土星ルーム
懇親会:木星ルーム

 

Image Credit:JAXA
■ロケット交流会2018、今年は10/13~14に東京・お台場で開催

ロケット交流会2018、今年は10/13~14に東京・お台場で開催

関連記事

ページ上部へ戻る