かみのけ座銀河団にある「崩壊」した火花の散るような銀河

ハッブル宇宙望遠鏡の広視野カメラ3(Wide Field Camera 3)が撮影した銀河団の画像は「かみのけ座銀河団」の北側に位置する2つの銀河の姿。

中央に光り輝く「NGC 4860」と、左側の炎を撒き散らした様に見える渦巻状の銀河「NGC 4858」を中心に、観測を妨げる物質が少ない「かみのけ座」周辺は、様々な色や形の銀河を確認することができます。

中でも既に爆発・崩壊していると考えられる「NGC 4858」は、膨張や分離を繰り返し全体の構造を変化させています。これは近くの銀河との相互作用により引き起こされている可能性があります。また「NGC 4858」の明るく見られる部分は主に水素で構成されており、中に隠れている若い星々の影響により赤色を中心とした複数の輝きを生み出しています。

Image Credit:NASA
■Hubble’s Galaxies With Knots, Bursts
https://www.nasa.gov/image-feature/goddard/2018/hubbles-galaxies-with-knots-and-bursts

関連記事

ページ上部へ戻る