リアルな夜景3D都市データ「REAL 3DMAP TOKYO 夜景」が登場

キャドセンターは、インクリメントPとパスコと共同開発し「REAL 3DMAP TOKYO 夜景」を2018年9月10日(月)より販売開始しました。

REAL 3DMAP TOKYO 夜景」は、東京23区全ての建物をフルテクスチャ化した3次元都市データの「REAL 3DMAP TOKYO」の夜景版。
街や道路ごとに異なる光の色合いを用い、窓ガラスの反射なども適用されるなど、夜景ならではの光をリアルに再現。更には超高層ビルの点滅する航空障害灯や、道路を移動する自動車のアニメーションも実装しています。

また「REAL 3DMAP TOKYO 夜景」は航空機やドローンによる空撮とは異なり、天候や光量によるノイズの影響を受けない鮮明な夜景データを提供できることが可能。

データ販売から受託制作など幅広いニーズに答えられ、映画・テレビドラマ・CMなど各種プロモーション・イベント・報道関係の必要なシーンに対応できるとしています。

 

 

Image Credit:株式会社 キャドセンター
■理想の夜景を実現!国内初、東京23区の夜景3D都市データ「REAL 3DMAP TOKYO 夜景」をリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000004108.html

関連記事

ページ上部へ戻る