DFA、陸上配送用ドローンの公道運行を目指した実証実験を開始

産業用ドローンを用いたインフラ構築をするDroneFutureAviationは、今回新たに陸上配送サービスを対象とした陸上ドローンの取り扱い、公道での運行を目指した実証実験を行うことを発表しました。

実験機体にはイタリアで実際に配送実験が行われている「Yape」が用いられます。
「Yape」は親しみやすい可愛い見た目ながらも最大70kgの荷物を積載でき、30%の傾斜・7cmの段差を超えて走行する事が可能です。

なお、実証実験の時期や内容などの詳細は公開されていませんが、ネット通販やフリマアプリなどの普及により配送業者の人員不足問題を解決する第一歩になることは間違いありません。

 

Image Credit:株式会社Drone Future Aviation
■陸上用ドローンで配送人員不足問題を解決!新たな機体を日本で取り扱いスタート!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000028572.html

関連記事

ページ上部へ戻る