SRB-3地上燃焼試験、データ取得し良好に終了

JAXA(宇宙航空研究開発機構)は2018年8月26日16時、H3ロケット用固体ロケットブースタ(SRB-3)実機型モータ地上燃焼試験を実施しました。

燃焼時間は110.1秒、最大推力は2137kN、最大燃焼圧力は10.7MPaを計測し、良好に終了したことを報告しています。

「H3」ロケットは2020年度の試作1号機の打ち上げが予定されており、「HIIシリーズ」と同様の信頼度を維持しつつより低価格な打ち上げを目指しています。また、搭載される「LE-9」エンジンの燃焼試験も実施されています。

Image Credit: JAXA
■H3ロケット用固体ロケットブースタ(SRB-3)実機型モータ地上燃焼試験の結果について
http://www.jaxa.jp/press/2018/08/20180826_srb3_j.html
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る