米小惑星探査機「オシリス・レックス」、ベンヌに最終接近開始

NASAの小惑星探査機「オシリオ・レックス(OSIRIS-REx)」が2018年8月17日、小惑星「ベンヌ」へと向けて、最終接近を開始しました。

オシリオ・レックスは「NASA版はやぶさ」とも呼ばれることがあり、ベンヌにてサンプル資料を採取し、地球に持ち帰る予定です。ベンヌへの具体的な到着時期は2018年12月を予定しています。

2016年9月に打ち上げられたオシリオ・レックスは2017年9月に地球にてスイング・バイを実施。いよいよ2年間の旅の目標へと到達しようとしています。そして2021年までにはサンプル採取を実施し、2023年9月に地球へと帰還する予定となっています。

Image Credit: NASA
■NASA Spacecraft Begins Final Approach to Big Asteroid Bennu
https://www.space.com/41544-nasa-osiris-rex-asteroid-bennu-final-approach.html
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る